朝食の代わりに。これ一杯で昼まで空腹知らず!MCTオイル入りバターコーヒーの簡単な作り方。

糖質制限
スポンサーリンク

糖質制限中のじーやんが2カ月ほど飲み続けているバターコーヒーの作り方を紹介します。朝の忙しい時間帯に用意するので目標5分で作れる方法。気を付けないといけないのはバターコーヒーと一緒に朝食を食べないこと。

バターコーヒーはあくまで朝食の代替ですので一緒に糖質を摂らないことが大事です。ちなみに私の朝食はバターコーヒー+ゆで玉子1個です。

使う材料はこちらの記事で紹介してますのでご参考までに。

ブレンダー(容器一体型がおすすめ)を用意します。

基本的に材料を全部突っ込んで泡立てるだけなのでブレンダーが必要です。100均とかにもあったりシェイカーを使ってる人もいますね。じーやんはブレンダーにミルクポットが付いたタイプを使用しています。取っ手が付いててマグカップとかに移さずそのまま飲めるので洗い物の手間も省けるし楽ですよ!

HARIO(ハリオ) クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR 14.5×10.5×20.5cm HRO02959
HARIO(ハリオ) クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR 14.5×10.5×20.5cm HRO02959がミルク泡立て器ストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

まずはインスタントコーヒーの粉を入れます。

これは好きなコーヒーを選んでください。だいたいティースプーン1杯(2g程度)です。

ギー(またはグラスフェッドバター)を計って入れます。

スポンサーリンク

ギー(またはグラスフェッドバター)を約10g~15g使用します。カレースプーン1匙くらいです。普段は大体の目分量でやってます。人によってはギーが多いとお腹を下す事があるので最初は少量からお試しがいいかもしれません。

逆に昼までにお腹がすくようならギーを多めにすると良いです!

MCTオイルを投入

MCTオイルを10g程度(カレースプーン3匙くらい)を入れます。写真は計量するために小皿に移していますが、普段はインスタントコーヒーとギーの入ったミルクポットに直接投入します。

こちらもお腹を下しやすい方は少量から。私はがっつり脂肪を燃焼させたいので多めに入れます。

お湯を入れます。

スポンサーリンク

インスタントコーヒー、ギー、MCTオイルを入れたミルクポットに熱湯を150㏄くらい入れます。このとき間違っても砂糖とか入れないようにw

ギーのおかげでコーヒーの苦みがまろやかになるのでブラックが苦手な人でも大丈夫だと思います。

ブレンダーで攪拌します。

ブレンダーで30秒~1分くらい良く攪拌します。オイルが分離しないようにしっかりと攪拌してください。これで出来上がりです!

飲み終わったらすぐにポット、ブレンダー、スプーンをササっと洗えばOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました